女性に好かれる男の条件とは?

 

ここでは、女性にモテる男になるための会話術について解説します。

 

うまく出会いをものにしたとしても、いざデートで彼女と楽しい会話ができなかったら、そこで終わってしまいますよね。

 

モテるためにまずは出会い力が必要ですが、その次に大切なことが彼女の心をグイグイと惹きつけるコミュニケーション能力です。

 

 

それでは解説を始めましょう。

 

女性がまた会いたいなと思う男性はどのような男性でしょうか?

 

それは、一緒にいて居心地の良い男性です。

 

第一印象はそこそこでクリアしたとして、最も重要なのは「居心地の良さ」につきると言っても過言ではありません。

 

 

例えば彼女が会社で何か嫌な事があったとしましょう。

 

今日はまっすぐ家に帰りたくない。誰かに話を聞いて欲しい・・・

 

そんな時に彼女が真っ先に思い浮かべる男性があなたであったとすれば、すでに彼女はあなたのものになったも同然です。

 

簡単に言っていますが、実はそういう男性は世の中にそれほど多くありません。

 

だから女性は、同性の女友達に「今日ちょっと飲まない。」なんてメールを打ったり電話をしたりするのです。

 

女性が女性同士でつるみ出したら、そこに男性の入る込む余地はありません。

 

中には、女子会にもすんなりなじんでしまうツワモノな男性もいるにはいますが・・・

 

そうなると女性にとっても、出会いの幅はかなり狭くなってしまいます。

 

なんにせよ、モテる男になりたければみすみす女性だけでつるませておかないでください。

 

最初に説明した通りに、女性が会社帰りにふと会いたいな、と思い出すような男性になって欲しいということです。

 

そのような男性の存在があれば、女性はそもそも女子会なんてしません。

 

一緒にいて居心地のいい男性に、存分に話を聞いてもらって心が満たされる。

 

この方が女友達同士で愚痴を言い合うよりずっと気分がいいはずですから。

 

女性というものはそのような生き物です。

 

 

 

では、居心地の良い男とはどのような男なのでしょうか?

 

居心地の良い男それは、話を聞いてくれる男です。

 

 

 

もしあなたがカンの鋭い男であれば、もう気づいているかもしれませんね。

 

女性にとって居心地の良い男性とは、懐が深くて包容力がある人のことを指します。

 

これはすなわち、いくらでも話を聞いてくれる男性といえるでしょう。

 

間違ってもらってはいけないのは、女性に仕事の愚痴を聞かされた時に「それはこうすべきだ。」とアドバイスすることです。

 

もっとだめなのは「君は間違っている。仕事というものは・・・」などと説教じみた事を言っては絶対にいけません。

 

彼女があなたに相談したりすることはもうないでしょう。

 

 

あなたは彼女のことを考え、全力で意見したのかもしれませんが、ただ彼女は意見を聞いて欲しかっただけです。そこに解決法や批判などは必要ありません。

 

気持ちを解って欲しかっただけだったりします。

 

だから女性に対して、反論や批判は一切必要ありません。

 

・ひたすらうなずく

 

・そうだったんだ。とひたすら受け止める

 

・大変だったね。頑張ってるね。と共感する。

 

・すごいね。と褒める

 

・君なら大丈夫だよ。と励ます。

 

 

もし女性が「こうしようかな?」と聞いてきた場合、

 

「君がそう思うならやってみれば」と理解を示す。

 

 

とにかく、女性の話はひたすら聞くのが王道です。

 

 

 

女性の話に結論を求めてはいけません。

 

もし彼女が何か面白いことがあって、あなたに「今日ね。こんなことがあってね・・・」なんて話をしていたとします。

 

こんな時にあなたが、「・・・だから?」とか、「君の話にはオチがない」などとダメ出ししてはいけません。

 

女性の話には、オチや結論はないものと思ってください。

 

女性は、単におしゃべりがしたい。話を聞いてもらいたい。だけだと思ってください。

 

ロジックや結論を重んじる男性からしたら、意味不明な行動かもしれませんが「女性とはそういうもの。」だと思ってください。

 

これは、女性と男性の脳の違いからくるものらしいです。

 

だから女性の話に結論を求めてはいけない。

 

これが女性との会話を楽しくするコツです。

 

ただあなたがニコニコと穏やかに彼女の話を聞いてあげるだけで、彼女は満足していると思ってください。

 

 

女性は楽しかったり腹が立ったり悲しかったりしたことを共有したくて話すんです。

 

そこで結論やオチを求めても仕方がありません。

 

 

ここはあなたが女性に歩み寄っておおらかになりましょう。

 

頭なんて一切使わず、彼女の顔を眺めながらとりとめのない話を聞く。

 

これが女性との会話において最も重要なコツなのです。

 

 

よほど真剣に相談されない限り、女性の話にまともに取り合う必要はありません。

 

 

 

 

自分がサンドバックにでもなった気持ちで、そして女性を手のひらで転がすつもりで「そうかそうか。」とかだったらひたすら聞いてあげてください。

 

彼女がとりとめのない話を繰り返す。ということはあなたに心を開きかけている証拠です。ここで彼女の心をもっと開かせるために、ただひたすら彼女の話を聞いてあげましょう。

 

これができるようになれば、モテる男へ大きく一歩前進できます。

 

そして最後に「よほどうれしかったんだね。」「よほど悲しかったんだね。」

 

と「よほど〜〜だったんだね。」と共感してあげましょう。

 

「よほど〜〜だったんだね。」は、彼女への理解と共感を表す究極のフレーズだからです。

 

このように女性の心をうまく転がして満足させてあげましょう。