女性を口説くデート編

 

ここでは女性の心を引き寄せるコミニュケーションについて解説したいと思います。

 

 

女性と出会って口説いて、何とかデートまでこぎつけることができました。

 

ここでのポイントをお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

まず彼女とデートできることになったら、なるだけ早く「あなたが好き。」という気持ちを伝えましょう。

 

デートに誘った時点で、好きに決まってるじゃないか。とか思ってはいけません。

 

せっかく彼女がデートの誘いに応じてくれたのですが。はっきりと言葉で伝えてあげてください。

 

しっかりと男性の方から伝えてあげましょう。

 

「この人はどういうつもりで私をデートに誘ったのかな?」という女性の気持ちに早々に答えを示してあげることが、モテる男の条件の一つでもあります。

 

とにかく好意をはっきりと伝えて、損することはありません。

 

逆に好意をはっきりと伝えないで損することはよくあることです。

 

彼女に社交辞令で言っていると思わせないことです。

 

 

大なり小なり、彼氏のいない女性、結婚していない女性は心のどこかに「私なんて・・」という自己否定感を抱いているものです。

 

そこではっきり好意を伝え、女性の心の壁を一つ壊していくのです。

 

ここぞという時は好意を真剣に伝えましょう。

 

 

そして初めてのデートこそが、ここぞという場面なのです。

 

何も洒落た言葉を用意する必要ありません。

 

「あなたに惹かれている。」

 

ということをストレートに伝えましょう。

 

 

2回目3回目のデートでは、正式に付き合う前の状態であっても「好き」だと言ってしまってもいいでしょう。

 

とにかく口に出して言うのが基本です。

 

 

 

デートを成功させるために最も重要なのは、どこへ連れて行くのか。

 

何を食べるか以上に大切なのは会話です。

 

ぶっちゃけところへ連れて行っても、食べたものは多少期待はずれだったとしても会話さえ楽しめればそのデートはうまくいったと言ってしまってよいでしょう。

 

言葉にはお金は一切かかりません。大切なのはいくつかのポイントを押さえておくだけです。

 

それでいてあなたの好感度アップに絶大な効果があるとすれば会話の技術は身につけておかない気はないでしょう。

 

ここで紹介するポイントは非常に簡単なことです。

 

デートの相手は女性にであって、仕事の相手ではありません。

 

必要なのは交渉術ではなく、包容力です。

 

 

とにかく、この点を肝に銘じておいてください。

 

会話で女性をときめかせ、楽しませ、そして期待させる。

 

すなわちモテる男になれるのです。

 

 

デートの待ち合わせ場所に彼女がやってきたら、とりあえずこの三つのフレーズを言ってしまいましょう。

 

 

「今日は時間を作ってくれてありがとう。」

 

「かわいいね。」

 

「楽しもうね。」

 

 

とりあえず、第一印象でその日の彼女のファッションや体のパーツを褒めておくと間違いないでしょう。

 

 

ブランドとかに詳しくならなくても、とにかく目についたものを褒めておけばよいのです。

 

会ったそばから褒められて、良い気分にならない女性はいません。

 

 

 

 

 

あと、大切なのは「楽しもうね。」ということです。

 

これは言うまでもなく、僕と君一緒に楽しもうということです。

 

2人は運命共同体というか、彼女との連帯感を言葉で表したものになります。

 

何をして楽しむのかな?という期待感も生まれますね。

 

このような連帯感や期待感は、女性をときめかせるポイントなので、必ず言ってください。

 

このようなこと言う男性はあまり多くないので、かなりポイントアップすること間違いなしですよ。

 

 

掴みの部分の解説はこのくらいにして、目の前の彼女の反応をよく見ながら会話を楽しみましょう。

 

女性との会話で絶対にやっていけないことは、「批判」「反論」「自慢」「説教」です。

 

あと、結論を求めることもだめですね。

 

彼女が話し始めたら、大してまともに取り合わず、それでいてちゃんと聞いているふうに見せるためには、大げさな相槌を打つことをおすすめします。

 

彼女の話に合わせて相槌を連発するのです。

 

イメージとしては、共感しながら、肯定しながら、感心しながら相槌を打つのです。

 

女性は自分の話を一生懸命聞いてくれて、なおかつ共感を示してくれる男性が居心地の良い男性と感じます。

 

そのためにアクションつきで相槌を打つことが最も効果的なのです。

 

 

女性との会話で無言にならないために

 

会話というのは、テニスやバドミントン、卓球などと同じくラリーが長く続くほど楽しいものですが、モテない男性というのはこの言葉のラリーが、非常に苦手です。

 

女性がデートでつまらなく感じるのは、会話が続かなくてつまらなかったというパターンが非常に多いようです。

 

彼女に何か質問をして、「へえそうなんだ。」て会話を終わらせてしまったら質問をした意味がありません。

 

できる限り会話のラリーを続けなければ、デートはつまらないものになってしまいます。

 

質問をして彼女が回答してくれたら、さらに突っ込んで質問、質問というふうにさらにさらに、具体的に質問をしていけば、会話は自動的に続きますよ。

 

もし知らない、答えが返ってきたら「それってどんなの?」と教えてもらえば、彼女の気持ち良くなっていろいろと話してくれますよ。

 

知らないのに知ったかぶりをしてボロを出したり、あわてて話題を変えたりする方が好感度は下がります。

 

自分の話したいことや得意なことを話すのではなく、女性の話したいことや得意のことを探るつもりでいろいろと質問をしてみることが会話を楽しむコツです。

 

 

女性の前ではかっこよく見せたい。とか何でも知っている男だと思われたい。とか考える必要はありません。

 

つまらない欲やプライドは引っ込めて、知らないことは知らない。そして、教えてとお願いする。

 

そして面白そうだね。今度一緒に行こうよ。とか言って次のデートに結びつけていくのです。

 

初めてのデートの前にやっておきたいこと

 

初デートをうまくいかせるコツは、行き当たりばったりのデートではなく、事前のリサーチでほぼ勝負がついていると言っても過言ではありません。

 

もし彼女が、Facebook や Twitter はブログなどをやっているのならデート前にくまなくチェックしておきたいところですね。

 

もし共通の知り合いがいるのなら、彼女について聞いておくのもいいですね。

 

彼女の趣味や食べ物の好み、好きな音楽、好きなスポーツなど

 

彼女について情報を多く知っておくほど、デートのプランに生かせますし。彼女との会話の糸口を掴むのに非常に役立ちます。

 

仕事の面接や営業などでも、相手についてよく知っておくことは、成功のために欠かせません。

 

女性に対しても同じで、とにかく相手に関心を示すことが大切です。

 

事前リサーチなどというと、こそこそかぎまわっているような感じがしますが、彼女のことをよく知っておくことが会話を楽しませる非常に大切なポイントとなってきます。

 

 

 

中には、知り合ったばかりの男性に自分のことをあまり話したくないタイプの女性もいます。

 

このような女性の場合、あまり突っ込んで質問をするよりは、彼女の反応を見てあなた自身の最近面白かった話などをするようにしましょう。

 

会話を弾ませるコツは、ひたすら褒めるところを探す。と考えて良いかもしれません。

 

女性の髪や肌、唇など、褒めて褒めて褒めまくるくらいでちょうど良いのです。

 

 

褒めれば褒めるほどあなたの好感度は上がるということを頭に入れておきましょう。

 

面と向かって褒めるということがやりにくければ、効果的な方法は「つぶやく。」ということです。

 

そうです。独り言のようにつぶやいて彼女のことを褒めるのです。

 

面と向かって言いにくい言葉は、つぶやいて褒めると効果的ですよ。

 

 

つぶやきだったら、自分では言いにくいような歯の浮くような台詞であっても意外にサラリと言えるようになります。

 

一度試してみてくださいね。

 

 

つぶやきながら褒めておいて、たまに彼女の瞳をしっかりと見て「本気だけどね。」と緩急をつけてみましょう。

 

 

褒めるのは女性の外見ばかりではなく、仕草にも注目してみましょう。

 

「今のかわいい」

 

「もう一回やって」

 

と言ってみると、女性はすごく喜びますよ。