モテる男のメールコミュニケーション術

 

メールコミニュケーション絵文字は×・スタンプは○な理由

 

最近のコミュニケーションには、 line やメールは必須と言っても過言ではありません。

 

ただこの手のコミュニケーションは、便利である反面、自分が送ったメッセージがあるの知らないところでその場をしらけさせてしまう危険もある。もし彼女の反応が悪くなったら、その可能性は高いと思ってください。

 

逆に言えば、 line やメールを使いこなせれば、一昔前には親密になるのにもっと時間がかかっていたのを一気に短縮をすることができます。

 

女性をしらけさせない line やメールテクニックはどのようなものでしょう?

 

 

とりあえず最初に頭に入れておいて欲しいのは「絵文字」は避けたほうが無難ということです。

 

はっきり言いまして、メッセージが送られてきたときに絵文字が沢山入っていると大概の女性はげんなりします。

 

絵文字が文章に紛れ込んでいると、かなりうるさく感じますし、かなり無理してる感じがして、はっきり言って気持ち悪いです。

 

当然、絵文字をうまく使える人もいるとは思いますが、女性受けする絵文字の使い方はさじ加減がかなり難しいと思います。

 

そのような理由で、できれば最初から絵文字は使わないほうが無難だと思います。

 

 

逆に、絵文字に似てますが、line のスタンプは、かなり良いと思います。

 

line のアプリにデフォルトで入っているものもありますが、今では有料無料問わず、沢山の面白いスタンプがありますよね。

 

最初のうちは無難にかわいいものを使い、ある程度仲良くなってきたら、ちょっとくせのあるキャラのスタンプを使ってもいいと思います。

 

 

文章に紛れ込ませて使う絵文字とは違って、 line のスタンプは、ある意味面白いカードを出し合って楽しむ遊びともいえます。

 

次はどんなカードを出してくるのかな?

 

みたいなワクワク感があるんですね。

 

何とか言葉のやりとりをした後に、しばらくスタンプだけを送り合う。

 

例えばデートの約束をした後だったら、「オーケー」や「うれしい」など、彼女が送ってくるスタンプに応えるようにスタンプを送り返すという感じです。

 

このようなフランクで楽しいやりとりができたら、たとえ彼女と実際に会っていなくても、彼女と楽しい時間を共有したことになります。

 

これこそが一昔前にはなかった、line というツールの良さ、次に実際に会った時に親密感の度合いが全く違ってくるはずです。

 

センスのよさをアピールするチャンスです。