女性を見たら妄想・想像してみましょう

 

 

女性慣れしていない人は、いつも女性と触れ合うシミュレーション、すなわち妄想・想像をしていたほうが良いでしょう。

 

なぜなら、お見合いや合コンの席など女性と実際に会話する場所で緊張して何も話せない、気づかない間に素っ頓狂なことを言うなど、女性との会話に慣れていないためフラれてなるだけ防ぐためです。

 

実際にデートをしたりするのではなく、まずは頭の中でシミュレーションするのです。

 

 

道を歩いているときや、車に乗っている時、カフェで一服している時など、周りにいる女性についてあれこれと想像してみるのです。

 

要するに女性を見かけたら妄想してみろ。ということです。

 

 

例えば、電車の中でスマホやマンガ、本を読んでいてはもったいないです。

 

まずターゲットとなる女性を一人決めて、想像力を働かし、その女性について考えてみてください。

 

 

どこに住んでいるんだろうとか。どんな仕事をしているんだろうか。とか彼氏はいるのか、結婚しているのか。

 

どんな話をするんだろう。趣味はなんだろう。そしてその女性を口説いてデートするまで、頭の中でシミュレーションしてみるのです。

 

 

 

一つだけ注意しておくとゲームやアニメの主人公と恋愛シミュレーションをするのとは全く訳が違います。

 

ゲームやアニメはどこまでも行っても空想の世界。そのような特殊な世界で何人と付き合おうと幾ら妄想をしてみても現実には何も活かすことができません。

 

 

たとえ頭の中だけであっても実際に目にしている生身の女性に対して妄想することが、恋愛慣れ、女性慣れしていない人には、必要だということです。

 

 

 

女性を見て妄想するなんて、何かあやしい男のような気がしますが、頭の中で何を考えようと、問題ありません。

 

このようにして普段から想像を巡らせ妄想をしていると、いざ女性と出会って口説こうとなった時に失敗する確率は格段に下がります。

 

いろいろな会話のパターンが頭の中にできるため、会話ができない、何を話して良いかわからないということが格段に減ります。

 

 

 

当然ですが、実際には妄想通りにはいきません。

 

しかし、いつもいつも女性と接する場面を妄想していると、自然と女性と接する時会話のパターンができ上がります。

 

この妄想は、スポーツで言うところのイメージトレーニング。とにかく頭の中だけでも生身の女性に慣れておくことに大きな意味があるのです。

 

 

 

バーや居酒屋、カフェで女性に声をかけてみよう

 

 

女性に対する妄想ぐせを身につけ、頭の中で女性慣れしたら、いよいよ実際に女性に声をかけてみましょう。

 

そうです。勇気を出して実際に女性に声をかけてみるのです。

 

バーや居酒屋、カフェなどで女性に声をかけるときは、女性一人客を見逃す手はありません。

 

 

この手のお店でひとりで過ごしている女性は、意識して見ていると最近は意外と多く見かけます。これは逃す手はない絶好のチャンスです。

 

バーや居酒屋などお酒を飲む場所ならなおさらです。

 

女性が一人で飲みに来ているということは、ある程度男性から声をかけられることを意識しているはずです。

 

 

 

そうは言っても彼氏と待ち合わせをしている可能性もあります。

 

確かにそうなのですが、本当のところは声をかけてみなければわかりませんよね。

 

重要なのはまずは声をかけてみるということです。

 

失敗しても、何のリスクもありませんよね。

 

 

もし彼氏と待ち合わせていると言われたら、ごめんなさいと言って引けばいいだけの話です。

 

何も恥ずかしがることはありませんし。プライドが傷ついたと感じる必要もありません。

 

というわけで、とにかく一人の女性を見かけたらぜひとも話すきっかけを作ってみましょう。

 

 

 

では、どのように声をかけるのか?

 

「お隣いいですか?」

 

王道といえば王道ですが、初めはこれが一番です。

 

できるだけ自然にサラリということ。

 

「あっ・・はいどうぞ」と彼女が言ってくれたら、「どうも」といって、隣に腰掛けます。

 

 

 

そのあともベタな方法で構いません。

 

「よくいらっしゃるんですか?」

 

「どなたかと待ち合わせですか?」

 

 

もし運良く彼女が一人で飲んでいるとわかったら、彼女のお酒が減ってきたところで、一杯ごちそうしてあげるといいですね。

 

 

 

 

「何か召し上がりませんか?ごちそうしたいな。」

 

このあたりの会話をきっかけに、彼女との会話を楽しみましょう。

 

初対面で、彼女も多少の警戒心があるため、いろいろと質問を変えて話題を振っていきましょう。

 

 

 

女性の服装や持ち物をよく観察し、会話のネタを探しましょう。

 

一通り会話を楽しみ、適当なところで切り上げて構いません。その場の会話の乗り具合にもよりますが、基本的にあまり長居はしないほうがいいでしょう。

 

あくまで軽く楽しく、振る舞うことが鉄則です。

 

無理にお酒を勧めるのは厳禁です。警戒されます。

 

長居しない場合は、連絡先を渡すことは必須です。

 

ここまでやって初めて出会いは完了となります。

 

「今日は楽しかったです。よかったら連絡ください。」

 

 

 

携帯番号、Facebook や Twitter のアカウントもしくは line の ID くらいで良いでしょう。

 

特に line の ID などは、女性にとっても気楽に連絡しやすいため、かなりおすすめですよ。

 

女性と話をしながら、さっとメモ用紙を取り出し、連絡先を書いてさっと渡すのが、スムーズに進めるコツですね。

 

 

 

女性の名前を聞いていなければ、このタイミングで名前を聞きましょう。

 

一人で飲んでいる女性に声をかけるときは、このような方法で構いませんが、隣に座らないうちから、「彼と待ち合わせをしているので」と断られるケースもあります。

 

 

 

そのような場合は、さわやかに引きましょう。

 

女性とお話ができなくても、メモ用紙や名刺に連絡先を書いて、軽く渡してみると良いですね。

 

現段階で彼氏がいるとしても、いつ別れるかわかりませんし、彼氏とうまくいっていないケースもよくあることです。

 

今の彼氏とうまくいっていないなど、相談されるようになればしめたものです。

 

 

 

 

 

 

彼氏と別れて寂しい時などに、ふと「そういえば、バーで連絡先をもらったっけ」っと、あなたのことを思い出し、連絡してくる・・

 

こんな展開だってありえるわけです。

 

さて、そうこうしているうちに彼氏が来たら、何食わぬ顔で会計をして店を出ます。

 

落ち込む必要はありません。

 

少なくとも連絡先を交換し、彼女にあなたの痕跡を残したわけですから。

 

 

 

さらに、もう一つ考えられるのが、女性同士で待ち合わせているケース。

 

これは思わぬラッキーです。

 

出会う女性にすべて可能性があるとすれば、一回のアプローチで、二人以上ヒットしたことになりますから。

 

このような場合、迷わずこう言いましょう。

 

「そうなんだ。じゃあ、みんなで一緒に飲もうよ」(軽いノリで)

 

一人より友だちと複数の方が女性の心のバリアは、ぐんとゆるくなります。

 

最初は彼女と二人で、そして待ち合わせの相手が現れたらみんなで、ワイワイ飲んで、まず友だちになってしまえばいいのです。

 

そして最後は、抜かりなく連絡先を渡すのです。

 

「今日は楽しかったから、また一緒に飲もうよ。よかったら連絡ちょうだい」

 

こういって、連絡先を渡します。

 

「じゃあ、私たちのは・・・」となって連絡祭を交換できたらいいのですが、ここはがっつかないでOKです。

 

エントリーできただけで上出来です。

 

 

 

 

カフェで声をかける

 

お一人様に遭遇する確率で言えば、バーよりもカフェの方が高いと言えます。

 

つまり、声を掛けるテクニックさえ身につけてしまえば、バーでナンパをするより、ずっとチャンスは多くなるということ。

 

もちろん、ノートパソコンや書類を広げてバシバシ仕事をしている人は例外です。

 

でも、本や雑誌を読んでいるなど、ただゆっくり過ごしているだけ、という雰囲気を醸し出している女性がいたら、迷わず行きましょう。

 

ということで、カフェでのナンパ編です。

 

 

彼女の隣の席に腰掛けながら「よいしょ」

 

しばらくしたら「さて、と」

 

 

 

どういうこと??

 

と思われたかもしれませんが、これば僕はここにいます。というアピールなのです。

 

つまりカフェで隣にいる自分を彼女に認識させることから始めないといけないわけです。

 

もし彼女がふと、こちらを見て目が合ったら、まずは自然に微笑んでみましょう。

 

 

そして次に目が合ったタイミングで「どうも」などと言って声を掛けてみると良いでしょう。

 

お酒の席なら違和感のない「お隣いいですか?」も、カフェだとちょっと不自然です。

 

だから、「よいしょ」とか「さて」といった独り言風の方が自然なのです。

 

 

こうして、隣に男性が座ったと彼女に認識させることが会話の糸口になるのです。

 

きっかけは小さいわけですが、このような一言が呼び水になります。

 

少しずつ、言葉を繋いでいきましょう・

 

 

「よくいらっしゃるんですか?

 

「ここのんびりできていいですよね」

 

「僕もよく仕事の途中につい寄っちゃうんですよ」

 

 

などなど、あとの会話は、バーでのナンパと同じで構いません。

 

 

もちろん、最後に連絡先を渡すのをお忘れなく。。

 

 

 

 

 

仕事のパーティーでのナンパ・出会い

 

お一人様に声を掛ける。

 

最後のシチュエーションは、仕事がらみです。

 

仕事での異種交流会や、業界内の懇親会があったその帰り、会場のエレベーターやエスカレーターで一人で帰ろうとしている女性がいたら、チャンスです。

 

すでに、同じ空間を共有しているので、かなり話しかけやすいシチュエーションと言えます。

 

 

「もう帰られるんですか?

 

「今日の余興びっくりしましたね」

 

「どちらから来られたのですか?」

 

 

あえて会社名などは聞かず、仕事抜きで彼女自身にフォーカスすると良いでしょう?

 

こうして最初の一声を発したら、もうひと押し。

 

 

「さっきの会場でお見かけして、綺麗な方だと思って、つい声をかけてしまいました。」

 

「よかったら少し飲み直しません?」

 

 

ここで彼女がオーケーしてくれなくても、少しの期待を込めて、次に繋がるようなアクションを、せめて連絡先くらいは渡してから別れましょう。

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

大きく3つのシチュエーションで解説してみましたがいかがだったでしょう?

 

 

悪いことは言いません。

 

いきなり知らない女性に声を掛けるなんて・・尻込みしている暇があるなら。とにかく声を掛けてみましょう。

 

勇気を出して声を掛け、もしダメだったとしても、その一つ一つが、モテる男への道になります。

 

自分で経験して、呼吸を掴んでいきましょう。

 

繰り返しますが、出会いはあらゆるところに転がっています。

 

 

出会う女性すべてに脈があると考えて、自分でどんどんチャンスを広げていきましょう。

 

 

 

 

出会いを次につなげるために

 

あらゆるところで出会いを意識していると、日常生活でもいろいろな女性が目に入ってくることになるでしょう。

 

通勤電車で見かける女性、病院や営業先の会社の受付嬢、よく行くお店の店員さんなど。

 

いいな。かわいいなと思う女性がいたら、即実行。

 

好みの女性が目の前にいるのに、一歩も踏み出せないのはもったいない話です。

 

出会いを活かせないなら出会ってないのと同じこと。

 

アプローチして次につなげてこそ、モテる男への近道です。

 

 

そこで、実践していただきたいのは、さっとメモを渡すことです。

 

ハードルが高く感じますか?

 

おそらくそれは、メモを渡すことを重く捉えているからです。

 

 

メモというのはラブレターとは違います。

 

思いを伝えることではありません。

 

ファーストコンタクトでの挨拶代わりだと考えてください。

 

 

だからメモは1行程度で充分です。

 

「よかったら、一緒にお茶でもいかがですか?

 

「よかったら、連絡ください」(連絡先)

 

 

これだけでオーケーです。

 

 

もう少し上級なら映画のチケットが2枚入った封筒に、一言メモを書いて渡します。

 

「よかったら、一緒に行きませんか?」

 

 

いきなり、口説いたりしたら重すぎます。

 

大切なのはまずはエントリーすること、あなたに関心があることが伝われば良いのです。

 

 

このようにアプローチされて嫌がる女性はいません。

 

女性はモテている自分が好きなのです。

 

 

なんにせよ、最初の一言メモがなければ始まりません。

 

とにかくまずはエントリーすることです。

 

プライベート用の名刺にひと言メモを書いてさっと渡してみるのが、精神的負担が少ないですね。

 

 

 

 

 

声を掛けて断られた場合

 

ひと言メモを渡し、もし拒否されたら、二度と顔を合わせられない?

 

この子しかいないと心に決めたわけではないので、気にする必要はありません。

 

前に、石田純一さんは、500人の女性に振られた話があったのですが、モテる男は断られてナンボ。振られてナンボです。

 

もしダメでも、深刻に受け止めずに、大切なのは相手にも深刻さを感じさせないようにすることです。

 

 

「ダメかぁ〜残念!!」

 

と、明るく軽口を叩いて、何食わぬ顔でいれば良いのです。

 

 

このような軽さがあったほうが、女性としても気軽に誘いに応えやすいです。

 

何か思いつめたような目でメモを渡され、返事を求めたら、逆に逃げ出したくなってしまいます。

 

 

軽さがモテるための大原則だと頭に入れておきましょう。

 

 

うまくいかなかったときは、ハイ次!と、すぐに気持ちを切り替えましょう。

 

あなたにとって、その女性は、たくさんの中の彼女候補の一人に過ぎないという意識を持っておきましょう。

 

モテる男は、つねに複数の女性にアプローチしていて当然です。