なぜ、俳優の石田純一さんはモテるのでしょうか?

 

 

 

マスコミの情報でも石田純一さんはモテることで有名ですよね。

 

現在、石田純一さんは60歳を過ぎているのですが、還暦を過ぎてもなおプレイボーイの代名詞になっているなんてすごいことだと思いませんか?

 

 

石田純一さんはプレイボーイといっても、ギラギラとしたいやらしい感じではありません。すごく優しくていつも穏やかで、そして女性の心を掴むのがうまい。という感じですね。

 

あの「軽さ」「さわやかさ」「明るさ」がモテる秘訣なのでしょうね。

 

 

現在は、東尾理子さんという、素晴らしい伴侶を得て、幸せそうに暮らしておりますね。

 

そんな石田純一さんが、あるテレビ番組でこのようなことを言っていました。

 

 

500人

 

 

これって何の数字だかわかりますか?

 

 

なんと石田純一さんがフラれた回数です。

 

とにかく沢山沢山、女性を誘ってみれば良い。

 

 

成功率が1割だとしても、10人に声をかけたら1人うまくいく計算になりますね。

 

50人だったら5人。100人声をかければ10人になりますね。

 

 

何が言いたいかというと、 恋愛というのは確率で計算できるものなのです。

 

だから沢山の人に恋をし、沢山の人に声をかけましょう。

 

 

 

この考え方はナンパでは必要ですよ。

 

 

ちょっとこの娘いいなと思ったら、すかさず声をかけましょう。

 

 

プレイボーイと呼ばれる、石田純一さんだって百発百中でうまくいっているわけじゃありません。実際、ご自身が言っているように500人もの女性にフラれているのです。

 

 

 

下手な鉄砲数打ちゃ当たるといいますが、モテる男性というのは、それだけ沢山の女性にアプローチしているということです。

 

そしてそれだけ振られた回数も多くなるものなのです。

 

彼らは失敗を恐れて声をかけないのではなく、成功するために果敢に女性に声をかけているのです。

 

つまりはモテる男というのは、すべての女性からモテているわけではなくて、沢山数を撃っているからこそ、モテる数も多くなる。だからこそモテるためにはアプローチの数を増やさなければならない。ということになります。

 

 

このサイトでは、ビジュアル面、エスコートの仕方まで、モテるために必要な要素を磨いていただきますが、これらを発揮するチャンスを掴まなければ、つまり出会いを自分でものにしなければ宝の持ち腐れになってしまいます。

 

 

・出会いを見つける方法とは?

 

いい人に出会いたいんだけでも、なかなか見つからなくて・・・

 

という人も多いのではないでしょうか?

 

 

はっきり言い切りましょう。そう思っているだけです。

 

あなた自身が出会いに気づいていないだけなのです

 

 

実は見渡せばそこらじゅうに出会いのチャンスがあったりします。

 

はっきり言ってもったいないです。

 

 

とりあえず道ですれ違った女性から、同じ電車にたまたま乗り合わせた女性まで、すべてが恋愛対象だと考えてください。

 

 

これで出会いのチャンスが一気に広がりましたね。

 

周りに好みの子なんていないよ。

 

その考え方では一生もてませんよ。

 

いざ好みの子と出会ってから、モテる努力をしたところで到底追いつけませんよ。

 

 

モテる男というのは、女性を見れば声をかけるし、好みではない女性でもモテようとします。

 

 

だから女性慣れして、女性の心もわかるようになります

 

結果、実際にモテるようになって、ねらった女性ともうまくいくのです。

 

 

もしかしたら、あなたはすごく誠実な人なのかもしれません。

 

チャラ男になりたくない。

 

本当に好きな人が見つかったら、その人と、恋愛がしたいのだと、、、

 

 

 

実は女性にもそういうタイプは非常に多かったりします。

 

でもそれって言ってみれば予行練習なしの本番みたいなものではないでしょうか?

 

 

練習を重ねてうまくできるようになるのはスポーツも恋愛も同じなのです。

 

 

もう一つ言うと、最初は好みではなかった子も、意外といい子で自分と気があったなんてこともよくある話です。

 

恋愛慣れしていなくて、女性のことをよく知らない人であれば、実はあなたにとってベストな女性を見過ごしている可能性はかなり高いといえます。

 

 

好みじゃないからという理由で、可能性を排除してはいけない。

 

この考え方は、基本中の基本です。よく覚えておいてください。

 

 

いつどんな可能性が飛び込んでくるかわからないのですから、常に心の扉をオープンにしておきましょう。

 

モテたいのならいつでも戦える準備を!

 

出会いがない。好みの女性がいない。なんて嘆いている暇があったら、周りの女性すべてと恋愛するつもりで見てみたらどうでしょうか?

 

 

そのような考え方で1日を過ごしてみたら、出会いなんてそこらじゅうに転がっているものです。

 

実際に口説くとなったら、多少のテクニックは必要ですが、それはこのサイトでじっくりと解説していきますね。

 

 

 

 

 

 

石田純一が福山雅治よりもモテる理由

 

芸能界屈指のハンサム男の代名詞の一人である 福山雅治さん。

 

 

抱かれたい芸能人ランキングでも常に上位に顔を出し、

 

さぞかしモテる男で、世の男性の常識からすれば

 

「福山雅治の顔と比べられると勝ち目はない」

 

と思いがちですが、案外「モテるか?モテないか?」だけで比べると、石田純一さんの方がモテるようです。

 

 

顔だけで比べると、石田純一さんよりも福山雅治さんの方が圧勝ですし、女性を惹きつけるパワーもありそう。

 

顔はハンサム、おまけに歌手だけあって歌も上手くて、声もかなりイケてる・・・

 

 

 

でも何故、福山雅治さんの方がモテないのか?

 

その理由を調べていくと・・・

 

 

 

 

なるほど納得できるのではないでしょうか?

 

 

福山雅治さんは、相手の話を最後まで聞くことができずに、ついつい「それは違う・・」とか「もっとこうした方が良い」と、相手のことを考えているつもりでしょうが、最後はお説教までしてしまう始末。

 

女性は、話を聞いて欲しいのであって、アドバイス(お説教?)や、自分が否定されてしまうような話をして欲しいわけではないということです。

 

 

石田純一さんは、女性にモテるコツは話を聞くことを前提にした上で、何時間も頷いたり、相づちを打つ以外、まったく自分の話はしないということもあるようです。

 

 

話の内容はともかく、女性に限らず自分が言いたいことをひたすら喋っているときって気持ちが良いもの。

 

 

会社の上司が飲み会などで、一方的に部下にお説教しているのも、上司が気分が良いからですね。。。

 

 

男性よりも女性のほうがそのような傾向が強いです。

 

「話を聞いて欲しい」

 

「共感して欲しい」

 

女性にモテるための会話で重要なキーワードは、聞き上手になることです。

 

 

 

ヘタに会話やトークを磨いて「口説こう」と考えるより、「聞き役」に徹することから始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

特に、男性が女性に良いところを見せようとして、「何か良いことを言わなければ」と気負い、良いところを見せようとして、つい「自慢話」をしてしまう・・・

 

 

ありがちなパターンですね。

 

 

「何か話さなければ」ではなく、「どう聞くか?」に意識を切り替えてみましょう。

 

女性が生き生きとするポイントが見つかれば、会話は自然と盛り上がるでしょう。

 

 

石田純一さんがモテる理由記事一覧

出会いはそこらじゅうに転がっているとはいえ、いきなり女性に声を掛けるのはハードルが高すぎるという人は、まずはマッチングサイトやSNSを利用してみるのも良いでしょう。「ネットでの出会いなんて、怪しい」「サクラや業者に掴まりそうで怖い」と感じる人もいるかもしれませんが、「ペアーズ」とか「マッチ・ドットコ...