マッチングサイトやSNSでのナンパ

出会いはそこらじゅうに転がっているとはいえ、いきなり女性に声を掛けるのはハードルが高すぎるという人は、まずはマッチングサイトやSNSを利用してみるのも良いでしょう。

 

「ネットでの出会いなんて、怪しい」

 

「サクラや業者に掴まりそうで怖い」

 

と感じる人もいるかもしれませんが、「ペアーズ」とか「マッチ・ドットコム」「ユーブライド」などは、比較的優良なマッチングサイトもあります。

 

「ペアーズ」だとフェイスブックから完全にリンクしているので、相手の素性がわかるのでお互いに安心です。

 

フェイスブックは基本的に実名登録です。

 

「ペアーズ」に登録すると、女性の写真やプロフィールのリストが閲覧可能になります。

 

そこで、気になる女性がいたらメッセージを送ります。

 

ここまでは、無料で、彼女からオーケーの返信が来たら、その返信を見るところで月額数千円の料金が発生するという仕組みになっています。

 

彼女と、直接やりとりをするようになったら、あとはご自由に・・・という感じです。

 

 

このような有料サービスを利用することにためらうなら、SNSという方法もあります。

 

 

 

 

友だち申請の条件とは?

 

マッチングサイトもSNSも利用価値はあります。

 

使えるものは何でも使うのが、出会いの場を増やすコツです。

 

いくら振られても、知人に知られることもなく、恥ずかしくもないのは、ネットの利点です。

 

腕試し感覚で、知らない女性に友達申請を送ってみてはいかがでしょうか?

 

フェイスブックなら、非公開にしていない限り、その人のプロフィールや友達リスト、タイムラインを見ることができますね。

 

「業者」を見分けるコツは、友達が男性しかいないとか、タイムラインに投稿がないとかわかりやすいです。

 

 

タイムラインの投稿や、友達とのやりとりから見える人となりが好みであれば、アプローチしてみれば良いと思います。

 

その場合、重要なのが、最初に送るメッセージです。

 

文章だけで、好印象を持ってもらわなくてはなりません。

 

 

礼儀正しいのは最低条件として、その上で堅苦しくなりすぎず、ユーモアを感じさせつつ、女性の興味を惹くことができたら、ネットでの出会いは楽勝になるでしょう。

 

 

 

その一

 

こんにちは。

 

始めまして、私は○○に住む○○○○と申します。

 

タイムラインを拝見しました。

 

よろしければ、フェイスブックでお友達になっていただけないでしょうか?

 

どうぞよろしくお願いします。

 

ご迷惑でしたら、スルーしてください。

 

(花の写真)

 

 

 

 

その二

 

はじめまして、○○○○と申します。

 

突然のメッセージすみません。

 

○○さんの友達つながりでタイムラインにお邪魔させていただきました。

 

魅力的な方だと思って拝見しています。

 

もし、よろしければ友達承認していただけないでしょうか?

 

迷惑でしたら、もちろんスルーしていただいて構いません。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

(花束の写真)

 

 

 

その三

 

はじめまして、○○○○と申します。

 

フェイスブックに登録して「知り合いかも?」のところに、とても綺麗な○○さんを見つけてしまい、友だち申請を押してしまいました(笑)

 

もしよろしければ、お友達になってくれたら嬉しいです。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

(花束の写真)